スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-(1) 機内混乱
2007 / 01 / 05 ( Fri )
筆談小姐2(上海編)第1話 機内混乱:

SH01

北京での仕事を終えた俺は、そのまま次の上海まで行くことになった。北京支社の中国人が手配してくれたチケットを片手にタクシーで北京首都空港へ。いつもは国際線カウンターだが、今回は国内線だ。

国内線は雰囲気がかなり中国色が強かった。当たり前だが、客層のほとんどが中国人。チェックインカウンターでも言葉がうまく通じない。何とかチェックインを済ませ、荷物を預けて搭乗口に。30分ほどしてアナウンスがあり、搭乗開始になった。

飛行機の中に入ると、中は大騒ぎになっていた。乗客が手に荷物を沢山抱えて乗り込んでくる。その手荷物の量が尋常じゃない。何故みんな預けないんだろう。乗客たちは、両手一杯の荷物を荷物入れに入れてゆく。席はまだ半分くらいしか埋まっていないのに、荷物入れは既に一杯だ。それでも、次から次へと乗客が、それぞれ荷物をかかえながら乗り込んでくる。

荷物入れがほぼ一杯だと見るや、先に入れてある荷物を勝手に動かして隙間をつくる。で、そこに自分の荷物。多少狭くてもぎゅうぎゅうと荷物を押し込んでしまう。人によっては、あちらの棚に少し、こちらの棚に少しといった感じで分散して入れている人もいる。客席の奴らも世話焼きばかりで、こうした方が良いんじゃないかと我先に口出しをする。こんな調子で皆わいわい話しながらやっているのだ。互いに知り合いでもないだろうに、妙な連帯感が生まれているようだ。

通路側の席に座って見物モードだった俺に話しかけてくる人がいた。どうやら席を替わってくれと言っているらしい。手には額縁のような巨大なものを持っている。一つ窓側に席を移ると、その男は俺が座っていたシートに腰を下ろした。額縁は通路に置いたまま、自分の席の方に立てかけて上に手を乗せている。本人的にはこれでOKらしい。でも、そりゃまずいだろおい。

機内の喧騒を全く気にしていない様子のフライトアテンダントだったが、さすがにこれは注意しにきた。そりゃそうだよな。バスに乗ってるんじゃないんだから。

隣の男が「怒られちまったよ」というような感じでなれなれしく俺に話しかける。俺もたいがい中国語には慣れたが世間話をするレベルまでは到底いかない。仕方なく、「中国語しゃべれないんだよ」というジェスチャーをしてみせた。


スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

00 : 01 : 00 | 体験談: 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-(2) やられた | ホーム | 小姐写真21 モデル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/103-30de49aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。