スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-(58) 滞在延長
2007 / 03 / 14 ( Wed )
SH58

午後は支社の会議室で、支社のメンバーも入れて打合せ。英語の会議だ。中国語に比べれば大分ましだし、こっちの小姐とは英語で随分会話をしているんだけれども、まだ英語での会議は敷居が高い。あっという間に議論に乗り遅れて迷子になってしまった。

そんなこんなで議論が進み、また分かれて最後の作業を進めることに。まだ十分指示が煮詰まっていないので誰かが残ったほうが良いという話になった。上司Mがにやにや笑いながら俺の方を見て言う。

「こりゃぁ残るしかないよねぇ」

その物言いが気に食わないが仕事だからしょうがない。すぐに会社に電話して事務の女の子に状況を報告。前回怒られたので、まずはコレだ。
次に、支社の女性に再度ホテルのセッティングを頼む。何て行き当たりばったりの奴なんだと、内心呆れていることだろう。でも、俺のせいじゃないからね。

しばらくすると、ホテルが決まったと言ってYが会議室に入ってきた。Regal Hotelだというのだ。ネットで調べて聞きなおす
「どっちだ?」
「どっちって?」
「Regal Hotelって二つあるぞ」
「なに?」

その2つというのは、
富豪东亚酒店(Regal Shanghai East Asia Hotel)
富豪环球东亚酒店(Regal International East Asia Hotel)

何ともビミョーな違いだ。よく聞くと、Regal International の方だということになった。衡山路の傍のホテルだ。ちなみにもう一方は、上海体育館に隣接している。しかしまいったな。どう発音するんだこりゃ。

今まで泊まっていた○○飯店は設備はおんぼろだったが発音は簡単だった。でも、Regalは一体どう読むのか見当もつかない。ピンインを調べて発音を調べるサイトで音を確認していたら、上司Mがまた笑った。

「勉強熱心だねぇ」

いや、こっちは真剣なんですよマジで。



スポンサーサイト
00 : 01 : 58 | 体験談: 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小姐写真33 | ホーム | 2-(57) 他人の趣味>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/174-10c96186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。