スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-(71) 綱引き
2007 / 03 / 31 ( Sat )
SH71a

彼女からSMSが来て、会おうという話になったものの、時刻は既に夜9時過ぎ。明日は帰国なので時間が十分あるとは言い難い。

効率的に進めるために、ホテルの方に来てくれとSMSを打った。あわせてホテル名と最寄駅も知らせる。このホテルは彼女の店からはそれほど遠くはない。しかも近隣にはバーが並ぶ通りがあり、店を探すのには苦労しないだろう。彼女からOKの返事。近くに来たらまた連絡するとのことだった。

ところが、いつまで待っても連絡が来ない。店からここまでタクシーに乗れば10分程度で到着するはずだ。店を出るまでの身支度に時間がかかるとはいっても限度がある。何があったんだろうか?メッセージを打って様子を探るが返事がない。時刻はもう9時40分を回っている。最後にSMSを受け取ってから30分も経過しているのだ。

さらに5分くらい経って携帯電話が鳴る。見ると彼女からのSMSが着信していた。携帯電話の電池が切れてしまったので家に替えの電池を取りに帰っていた、とのこと。家はホテルとの反対方向で、今からホテルに行くと遅くなってしまうので、中間地点である新天地で落ち合わないか、との話だった。

嘘くさいなぁ。。。携帯の電池が切れそうなら、最初にメッセージを送る時に気づきそうなもんだ。しかも、替えの電池というのがまた怪しい。仕事で携帯を頻繁に使う人ならまだしも、普通の個人が携帯の電池の予備を持っているなんてことがあるのかなぁ。

さらに、彼女の家からこのホテルはそう遠くはないはずなのだ。先日の夕食の時に家の場所を聞いたのだが、彼女の家は上海ダウンタウンの南側。少なくとも、待ち合わせ場所である新天地はここのホテルに来るのとそう距離が違うとも思えない。

新天地に行くくらいならあまり距離は変わらないんじゃないの?と返信を打ってみるが、”タクシーの運転手にホテルへの行き方を聞いたの。新天地の方が近いわよ”と取り合って貰えない。

もしかしたら、○○飯店での反省から、ホテルの傍に来ること自体が危険だと感じたのかもしれない。俺にしてみれば明日の仕事があるので、あまり夜中に遠くまで出歩きたくないのだが、このまま押し問答を続けても時間が無駄だ。時刻はもう夜10時を回っている。

駄目だこりゃ。
仕方がないのでOKと返信を打った。

SH71b



スポンサーサイト
00 : 53 : 03 | 体験談: 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-(72) 深夜の食事 | ホーム | 2-(70) 携帯活躍>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/193-e62a36fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。