スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-(78) 語学学習
2007 / 04 / 09 ( Mon )
SH78a

11時頃から始めた深夜の会食。3-4人前の食事を死にそうになりながら午前1時くらいまでかかって平らげた。

そろそろ一段落したと思って勘定を頼む。
「マイダン」

とウエイトレスに声をかけると彼女が伝票を持ってくる。ポケットから札を出しながら、
「給我ファーピャオ」

と言う。そんな俺のことを見て彼女がまた驚嘆の声を上げる。
「すごいわ、完璧じゃないの」

いやぁ、お恥ずかしい。どこで覚えたかは言えませんけど。

ウエイトレスが持ってきた領収書をポケットにしまっていると、彼女が意を決した様に言った。
「英語の通訳の資格をとったら、次に日本語を習うことにするわ。そしたらあなたともっといろいろな会話ができるわね」

いや~、ありがた迷惑だよそれは。

日本語喋れちゃうと俺的には魅力がガタ落ちなんだよな。俺が楽しいのは使いなれない言葉を覚えながら小姐とコミュニケーションしてゆくことなのだ。俺とうまくやっていきたいんだったら、この変態性をちゃんと理解してくれなきゃ困る。

そこで俺はやんわりと彼女を軌道修正しようと試みた。
「俺が日本語教えてあげるから、中国語教えてよ」

当然ながら俺は彼女が上手くなるおうには教えないつもりだ。で、彼女の助けを借りて中国語を上達させる。これぞ理想だ。
うまくまとめたつもりだったが、彼女はこう答えた。

「それはいいアイデアね。でも、あなたはまず英語に集中した方がいいわ」

悪かったなちくしょうめ。どうせ俺の英語はクソだよ。


SH78b




スポンサーサイト
00 : 01 : 18 | 体験談: 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-(79) 脈あり | ホーム | 2-(77) 善意の解釈>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/202-ef53d709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。