スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-(79) 脈あり
2007 / 04 / 10 ( Tue )
SH79a

请再光临」の声に送られながら店を出る。夜中の2時も近いというのに、外は結構人が歩いている。ネオンの数は減っているものの、北京の夜のように闇につつまれてひっそりしているという風情でもない。明らかに街は活動しているのだ。

ほどなく、俺は正面から来る人影にぎょっとした。警察官だ。こんな夜中に外国人が歩いていて職務質問されないだろうか、そのまま変な嫌疑をかけられて留置場に入れられたらどうしよう。日本人の同僚は全員日本に帰ってしまった。トラブルから抜け出すにも、日本語でちゃんと話ができる相手がいないのだ。内心どきどきしながら、警察官とすれ違う。しかし、彼らは俺たちには何の興味も示さず、そのまま向こうに歩いていった。あっけないほど問題なしだった。

タクシーがいると思われた角には1台もいなかった。さすがに夜も遅いのだ。しょうがないので二人で路上を通るタクシーを待つ。少し会話が途切れがちになる。彼女の雰囲気が少し変わったことに思い当たってふと、「送っていこうか?」と聞いてみる。彼女は嬉しそうに頷いた。

タクシーが来るので彼女を先に後部座席に乗り込む。彼女が行き先を告げ、車が走り始めると、背筋を伸ばして座った彼女がこちらを向いて「I feel cold」と言って右手を出した。

吸い寄せられるように手を握る。両手で彼女の手の感触を確かめる。そういえば、手を握ったのはKTVで初めて会った時以来だ。個人的に誘ったときは一切、そのようなコンタクトを許さなかったのだ。

しかし、これはそうとう脈ありなんじゃないか?彼女の家に上がり込めるかもしれない。この展開なら美人局ということもないだろう。ゴム持ってないけど、ここは立ち止まるわけにはいかないだろう。俺はこの後の展開を想像し、肚を決めた。

タクシーが止まると胸が高まる。彼女が最初に降りて外に立つ、息子は既に立ってて、最後に俺が立ち上がろうとしたら、彼女が身を屈めて「Good night」と言って俺の首にキスをした。

まじかよ~、これで終わりかぁ。堅すぎるぜ姐さん。

結局、俺は手を握ってもらって妄想と股間を膨らませてただけかよ。これじゃイカ臭い高校生並みじゃねぇか。

俺はがっくりしながらホテルに戻った。

SH79b ああもぅ!




スポンサーサイト
00 : 01 : 19 | 体験談: 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<2-(80) 再見上海 | ホーム | 2-(78) 語学学習>>
コメント
--笑わせて頂きました--

ハハハ、いいですね。妄想と股間を膨らまされてのGood night弾。
敵はなかなかの兵ですね。

いよいよ次で最終ですか。毎日の楽しみがひとつ減ってしまうのが残念です。
しばらくは小姐写真を眺めておく事にしましょうか。

私の個人的な希望としましては、異文化交流の薀蓄などもお書き頂けるとうれしいですね。
仲間内での私の上海の土産話の中に、PAMIさんのお話も結構織り交ぜさせて頂いたりしております。

今後も頑張ってください。
by: 大阪のオヤジ * 2007/04/10 13:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/203-1a9f0c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。