スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
3-(8) 隣室騒音
2008 / 01 / 15 ( Tue )
CN3-08

愉悦のKTVタイム。少なくとも上司Mは相当愉しんだようだ。店の会計を済ませて出口までよろよろと歩く。この店は大陸のKTVと違って小姐のお持ち帰りはないようだ。持ち帰りたかったら個別交渉ってことだ。ご満悦のMはエレベーターホールまで見送りに来た小姐を再び抱きしめて、その首筋をたっぷりとなめ回してから俺と一緒にエレベータに乗り込んだ。

階下でタクシーを拾ってホテルまで戻る。タクシーの中でMに話を振る俺。

「どうでした。かなり上手くいったようですね」
「まぁね。あの娘は後で部屋に来るよ。電話番号も聞いたし」
「えーそこまで話が進んでたんですか?」

明日午後に別件がある俺は朝一番の便で帰国だ。一方、Mは電話会議があるとかで正午チェックアウトの午後便帰国。今晩の課外活動の時間はたっぷりあるというわけだ。
それはいいんだが、問題は部屋が隣同士だということだ。上司のディープキスを見るだけでも十分なのに、アノ声まで聞かされることになるのか今晩は。

俺の思いをよそにMは逆に話を振ってくる。

「お前の方はどうなんだよ、結構可愛い小姐だったじゃないか」
「いやぁ、でもノリがなんだか違ってて」
「なんだよ、しょうがねぇなぁ」

負けず嫌いのMは何だか楽しそうだ。

そんなこんなでホテルに戻って部屋に入る。
しばらくすると、壁越しにMの声が聞こえてきた。早速例の小姐に電話してるようだ。

「Hello? ...」

声が予想外によく聞こえるので俺はたじろいだ。一体壁の厚さは何ミリなんだよ。大丈夫かこのホテルは。これじゃ寝れないよ今晩は。
そんな俺の憂鬱をよそに、Mの声が部屋に反響する。

「Hello? Hello?」

相手のいる場所が騒音で聞こえにくいのかもしれない。音楽が鳴り響くKTVの情景が目に浮かんだ。しかし、それに関係なく、やや必死さを帯びたMの声が響く。

「Hello? Are you busy??」

時計を見れば夜中の3時を回っている。こんな時間にbusyな人って誰なんだよ。新聞屋か豆腐屋かよ、と部屋の中で一人呟くがMに聞こえるわけもない。

結局、交渉は不成立に終わったようだ。
Mには悪いが、俺は短いながらも深い睡眠をぐっすりとって、翌朝一番の便で台湾を後にした。


CN3-08b



スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

00 : 01 : 08 | 体験談: 筆談小姐3 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小姐写真65 | ホーム | 3-(7) 上司没入>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/242-ce2ef895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。