スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
3-(30) 旅程混乱
2008 / 02 / 10 ( Sun )
CN3-30

週の半ばから危ないとは思っていた。一縷の望みを託してはいたものの、週末に近づくにつれて、それは避けられない壁として立ちはだかることがはっきりした。

台風が、上海を直撃しようとしていた。

金曜日の朝から旅行会社の担当者と何度かやり取り、非常に微妙な状況だ。会社からネットに接続して発着状況を見つめる。日本は良い天気なので何だか不思議な感じだ。何とか望みをつなぎたかったが、午後2時過ぎに今日は飛ばないことが決定した。欠航じゃなくて1日遅延ということになるらしい。

SMSで彼女に連絡。彼女もまだ故郷の街から帰れないようだ。それもそのはず、台風は彼女の故郷を経由で上海を襲っているのだ。国内線で移動しようとしていた彼女にとっては最悪の状況だ。

「でも台風じゃ仕方ないわ。明日はきっと会えるわ」

彼女からメッセージが来る。今日はSMSが大活躍だ。しかし、明日出発できたとしてもたった1泊の旅行だ。結構しんどいものがある。

しかし今回限りは延期するわけにはいかない。彼女は俺を当てにしているので金を渡せないと生活に困ってしまう。ま、金の話は置いておいても、このタイミングで行かないと熱が冷めてしまってよろしくはない。

そして翌日。旅行会社の案内の通り午後から空港に向かうが、そこは長蛇の列だった。カウンターをほぼ1週している。ぐるっと回って最後尾に並んだものの、列は遅々として進まない。一体何時になるんだろう。

3時間ほど並んでようやくチェックイン。何と、俺が乗るはずだった便は満席になってしまったそうで、JAL便から席を借りてそちらに乗って欲しいという話になった。何と、上海着が夜の9時半だ。

まじかよ、俺、翌朝9時半の便で帰国するんですけど。

早速、彼女にSMS。彼女の方も国内線の空港で苦戦していた。こちらと同じ様に昨日の遅延客でごった返しているらしい、5時間半も待った挙句ようやくチェックインして、上海到着は8時だそうだ。ま、ある意味丁度良いといえば丁度良いんだけどね。

どっと疲れが出たけれども、まぁ、矢は放たれたわけで、今さら止めるわけにも行かない。俺は元気を回復しようとレストランに向かい、夕食をたらふく掻き込んだ。

もう、食わなきゃやってらんねぇよ。


CN3-30b


スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

00 : 01 : 30 | 体験談: 筆談小姐3 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小姐写真69 | ホーム | 3-(29) 自費出張>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/268-1a93f206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。