スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(24) マッハ
2006 / 10 / 28 ( Sat )
24.マッハ

エレベータの扉が閉まると彼女は「マッハ」と吐き捨てるように行った。

マッハ?

何がマッハなもんかい。音速どころか亀の歩みだよこれは、と一瞬思ったが、そもそも彼女が喋っているのだから英語な訳がない。でも中国語でマッハって何だ?しかもカタカナのハとは違う、ちょっとドイツ語っぽい吐息音の多い発音だ。今まで聞いた中国語でもこんなのはなかった。

言葉の意味はともかく、彼女が怒っているのは間違いない。状況からして、怒るのも無理はない、とは思いつつも、なだめる言葉も思いつかない。でも何だか俺に対して怒っているというのでもない気がする。もし俺に怒っているなら、もっと直接的にキレるはずだ。今までの経験からそれは断言できる。

そこで俺はとりあえず話を合わした。「マッハ」と繰り返して頷いて見せる。“確かにマッハだよな、俺もそう思うよ”という仕草だ。それを見た彼女も我が意を得たりとばかり、“そうでしょ?”をいう表情をしてこっちを見る。

だからマッハって何なんだよ。

部屋に入って早速「マッハ」って何だと尋ねる。何度か発音を聞いたがわからないので、紙に書いてもらった。考えたら相当なことをしてるわけだ。「糞ったれ!」と怒って悪態をついている人に対して、変な外人が「オー、クソタレとは何ですか。紙に書いて説明してくだサーイ」と言っているようなもんだ。怒りの対象がその外人だったら、間違いなく殴られているだろう。しかし、私は彼女に殴られることはなかった。

書いてくれた文字を見ると、そこには「麻烦」と書かれていた。

麻痺に似てるが文脈的に意味が通じない。再度、ピンインを聞き出し、翻訳サイトで意味をしらべてようやく事態がのみこめた。

麻烦(máfan)というのは、煩わしいという意味だ。形式ばった書類を書かせやがってもう煩わしい、ということらしい。怒りの矛先はホテルの従業員のようだった。

なるほど勉強になった。でも、面白外人の俺には似合わない言葉だから、この先しばらくは使わないだろうなぁ。


スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

05 : 10 : 47 | 体験談: 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(25) 部屋デート | ホーム | (23) 拘束>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/31-e7e7c64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。