スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
3-(68) 最後通告
2008 / 03 / 26 ( Wed )
CN3-68

俺と運転手、二人の視線に気づいた彼女がジェスチャーで運転手に指示を出す。電話はまだ続いたままだ。今度は相手の言い分を聞いているようだが、納得出来ている様子ではない。いったい何が起こってろう。

電話から一瞬耳を離して彼女が運転手に「停車」と言う。路肩に車が止まってから後は俺でもできる。「給我発票」と言ってレシートを貰う。中国のタクシーはレシートの印刷が遅いので結構時間がかかる。その間も彼女は話し続けている。レシートを受け取った俺が先にタクシーを降りたが、彼女はなかなか出てこない。

ようやく出てきた後も歩道で泣きながら話をしている。通行人がじろじろ見るのでいたたまれない。でも他人の振りはできないしなぁ。。

ようやく電話が終わって彼女が歩き出した。店は道路の反対側だ。車道をわたりながら彼女に「Are you OK?」と聞く。

「何か問題でもあったの? 相手は誰?KTVの人?」

道路を渡りきった彼女は俺の方を見て

「父よ」

と一言言った。

彼女の母親は最近再婚したのだった。新しい父親と彼女とはそりが会わず、それが彼女が上海に出てきた原因の一つでもあった。その家族関係に何か変化というか、進展があったようだった。でも彼女はそれ以上語ろうとしない。俺もそこは突っ込まずに店に入った。

家族の面でも問題を抱えている彼女だが、俺たちとの間にも重たい問題が横たわっている。食事をしながら、徐々にその問題に入ってゆく。でも好ましい展開にはならなかった。顔をつきあわせて話をしたら何かが変わるかと思ったけど、メールでいろんな話をしつくしているので新しい進展はあまりない。結局は同じ話の繰り返しだし、議論はズレたまんまだ。

彼女はシンプルライフにすぎないと言う。俺は贅沢だと思ってる。そんなに生活費がかかるわけがないのだ。住宅ローンがあるんだと彼女が言い出した。仕送りで自分が負担をしなければならない。それも妙な話だ。そもそも学生がなんで家の住宅ローンを負担するんだ。それにそんな資金が必要なんだったら、彼女はずっと夜の仕事を続けなければならなかったってことじゃないか。

自分の英語力を総動員して、ゆっくりと言葉を選びながら話をする。でも結局、俺の疑問は晴れなかった。根本的なところですれ違っているので条件交渉にもならない。オールオアナッシングだ。こうなると話を始めた俺としても妥協して引き下がるわけにはいかない。結局、援助打ち止めという結論に行かざるを得ない。

夕食を終えた後にその結論を告げると、彼女も黙って頷いた。

CN3-68b



スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

00 : 01 : 08 | 体験談: 筆談小姐3 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<3-(69) .小姐の主張 | ホーム | 3-(67) 取り込み中>>
コメント
----

彼女に仕事を辞めさせ、友達との関係を断たせたりと自分の都合の良い様に生活を返させておいて、いくら相手がカラオケ小姐とはいえ、ちょっろ自分勝手では。
by: * 2008/03/26 00:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

確かに今振り返ってみるとその通りだと思いますね。ちょっと自分勝手です。でも、「ちょっと」がいけないのか、「自分勝手」がいけないのかって話もあるんですけどね。
異論はあると思いますが、どうぞ今後もご贔屓に。ま、一杯呑みながら読んでやってください。
by: PAMI * 2008/03/26 01:41 * URL [ 編集] | page top↑
--異論--

いつも楽しく拝見させて頂いてます。賛否両論あると思うけど考え方の違いちゃいますか?…中国の人は体張っても家族を大事にするとか聞きます。爺ちゃんの介護費の為に娘が体売るとか…。しかし、所詮は男と女、金がらみはしかたないでしょ、無理にカッコつけても女性の欲望は限界なく膨らむばかりでしょうから。続編期待!
by: ハッヘ * 2008/03/26 10:41 * URL [ 編集] | page top↑
--価値観--

育ってきた環境、文化の違いによる価値観の差は埋まらないでしょう。日本人同士でも難しい問題だとおもいます。中国の人(特に若い人)は現状に満足することは決してないと思います。たとえ明日にすべてが無になっても、「またやり直せばいいや」って考えているふしがありますね。
by: nihao * 2008/03/26 13:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

私は線引きの出来てることに敬服しています。
今のもそうなのですが、要求を聞いていたらきりが無いですよね。
誕生日、クリスマスのプレゼントから始まり、帰省の時の飛行機代、お土産代・・・日本語学校の学費と。
続きを楽しみにしています。
by: 猫好き * 2008/03/26 14:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんなにコメントついたの始めててびっくり。
興味深く読ませて戴きました。

ハッヘさん
まさに同感なんですけど、なかなか割り切れなかったですねぇ。で、お互い策を弄するので珍妙な話がいろいろ出てくるわけでして。。。

nihaoさん
この話、まさに同感で私も一ネタあります。そのうち体験談の中で書きますので読んでやってください。

猫好きさん
二度目のコメントありがとうございます。猫好きさんは要求に対してどう対処されてるんでしょうね。皆さんいろいろな考えや対処法がありそうで興味あります。

皆さんありがとうございます。
今後もどうぞご贔屓に!

by: PAMI * 2008/03/27 00:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/313-dccaa67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。