スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(28) 国際電話
2006 / 11 / 01 ( Wed )
28.四34s

無事に日本に戻ってきた俺だったが、2週間が経過し、再び中国出張の日が近づいてきた。北京入りを控えた日の夜、国際電話をかけた。相手は例の彼女である。数コールの後に相手が出る。「Hello!」が挨拶代わりというのはもうお決まりだ。

我去北京下星期。我能遇见你吗」(来週北京に行くんだけど、会えますか?)

実は“我能遇见你吗”が正しいのかどうか自信がないのだが、どうせ電話するのは会いたいという趣旨に決まっているので、あまりここは問題ではない。重要なのは前の文章の「下星期」だけだ、後は決まり文句みたいなものなのである。そう考えると、会話というのは何と簡単なことか。

我要遇见你星期三、可以吗?」(来週の月曜日に会いたいんだけど、可能ですか?)

しかしここで問題発生、何と“三”の発音が通じない。何曜日だって?火曜日?とか聞き返してくる。何度か発音していると、「一、二の二でしょ」というので「、一、二、三の三だ」そして言い買える「明天」(明日だよ)。深夜1時を過ぎているので、明日という表現で問題ないだろう。これでようやく曜日が通じた。

中国語というのは非常に機能的にできていて、例えば曜日は月、火、水、じゃなくて番号がついているのだ、だから1,2,3の3ね。とか言えば数字の発音が悪くても何とか通じさせることができる。後大事なのは、明日とか昨日とかいう「言い換え表現」をしっかり覚えておくこと。これでデートの日をダブルチェックで確認できる。

電話で会う約束を取り付けるのはこれで3度目。まぁ多少の問題はあったものの、最初に比べればかなりスムースにアポを取ることに成功したのだった。





スポンサーサイト
05 : 53 : 39 | 体験談: 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(29) 再会 | ホーム | (27) なつかれる >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/35-81915094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。