スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
4-26.亥的小姐
2008 / 06 / 04 ( Wed )
CN4-26

上海に来る前に、メールで彼女が父親と和解したことを聞いた。その証なのかわからないが、彼女の家には新品のノートPCが鎮座していた。父親に買って貰ったんだそうだ。中国では親族間でも親愛の情を示すために物を買い与えたりするもんだろうか。俺は親から10万近くするものをポーンと買って貰ったことなんかないんじゃないかな。それとも、再婚した奥さんの連れ子を手なづけるための投資なんだろうか。

昨年揉めた発端の一つは、パソコンのおねだりだったんだが、こうも簡単にそれを買い与える人が現れるというのは少し複雑な心境だ。父親とかいって、本当はもう一人のパパってことだったりして。部屋に来たとか行ってたけど、ここに泊まったのかな?ベッド一つしかないのに?でも、メールではfatherと書いてあったしなぁ。

まぁそれはともかく、これで彼女も自宅からインターネットにつなげるようになった。ということは、メールでもメッセンジャーでもやり放題ってことだ。

***

帰国後は毎日メールやらメッセンジャーが飛んでくる。週のうちに何日もメッセンジャーなんで、かなりの密度になる。そうこうする打ちに、彼女が俺にニックネームを付け始めた。といってもそんなに複雑なものじゃない。干支の動物の名前で呼んでくるのだ。

じゃぁ俺は何て呼んだらいいんだよ。

彼女の干支は亥だ。イノシシって英語で何と言うんだろう。彼女に生まれ年の動物は何だと聞くと、pigという答えが返ってきた。なるほど確かに。イノシシを家畜にしたのが豚だからね。ちなみに今、辞書で調べたらイノシシはWild pig だそうで確かに間違いではない。

「だから、pigって呼んでちょうだい」

えー。

女の子をブタ呼ばわりするのは抵抗があるんだけど。

もしかして、中国では文化が違うので女の子をブタって呼んでも失礼にならないのかな。西遊記では猪八戒が出てくるしな。大切な教典を守ってくれたのがブタなんだから、中国ではブタは神聖な生き物なのかも。豚肉の料理も多いし。

いろんな考えがアタマを巡る。
俺が送った懸念を見て、彼女がすぐにメッセージを返してきた。

「何がヘンなのよ。子ぶたちゃんよ。可愛いでしょ」

あぁなるほど、“ブタ”じゃなくて“ぶた”ですか。

それならちょっと意味は違うかもしれんね。


CN4-26b



スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

00 : 00 : 26 | 体験談: 筆談小姐4 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<4-27.豚的呼称 | ホーム | 4-25.涼性熱性>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/383-e49f06aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。