スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
中国携帯とSMS
2006 / 09 / 26 ( Tue )
Mobile


中国にいる人とSMS(ショートメッセージサービス)をやりとりできると便利なんだけど、こういうサービスがなかなかないので困ってる人は困ってる。人数は決して多くないけど、とても困ってるのだ。中国でも携帯でe-mailを使えるサービスがあるけれども、主流はSMSだし、こちらの都合で携帯を買い換えろとも言えない。

で、いろいろ探し回って最近まで使っていたのが、

短mail http://www.duanmail.com/

というサービス。中国のサービスなので悪戦苦闘して中国語を読んで登録しなきゃならないんだけど、これを使うとPCのメーラーを使って、中国の携帯にSMSを送受信できた。メールを携帯に転送すれば、携帯同士でのやりとりもできたわけで、若干回りくどいけれどもそれなりに使えていたのだ。ところが、いつの間にか支払い方法がカードから銀行振り込み?に変わり、追加支払いができないままサービスが使えなくなってしまった。

で、再び困ってしまっていたところ、MSN Messenger で中国の携帯電話にSMS送信できるという話を聞いた。

この機能、日本ではサポートされていないんだけど、中国では大丈夫らしい。中国側でMSN Mobile に携帯番号を登録しておくと、ログオンしていないときにはメッセージが携帯電話にSMSとして転送される。料金は1ヶ月10元。随分安いな。

日本側は基本的にはPC。もし携帯で送受信したければ、Windows Live メッセンジャーで携帯のアプリで直接メッセンジャーを使えるようにしたらいい。
http://promotion.live.jp/messenger/mobile.htm

短mailのように日本側の設定だけで開通できれば、比較的気楽に小姐とSMSで筆談ができるということになるわけだけれども、向こう側で設定が必要となると、まずその説明から始めなきゃならない。そういう意味ではちょっとハードルは高いかも。

とはいえ、PCも相当普及してきてるので、それなりにチャンスはあるかもしれない。頻繁に中国に行く人なら、現地でMSNのアカウントを作って、必要に応じて相手の電話番号を登録すればOK。(相当荒業だけれども)

とはいうものの、実はまだ試してないんだなこれが。
中国の友人に今日頼んだところで、近日中に試せると思うのでまたレポートします。


スポンサーサイト
03 : 30 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<筆談小姐(3) 邂逅 | ホーム | 筆談小姐(2) 撃沈>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/4-3073350c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。