スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(50) 今日の請求
2006 / 11 / 23 ( Thu )
51-2

そろそろ昼になってきた。時間は少し早いが、話題も尽きてきたのでそろそろ潮時だ。荷造りをして出発の支度を始める。

你的最好电话时候。我打电话1:30am。这是好吗?你的工作終了时候、几点」(何時頃電話するのがいい?1:30amに電話したけどこれで良かった?仕事終わるの何時だっけ?)

时间不一定。12:回家没挣钱」(終わる時間は一定じゃない。もし客がつかなかったら12時には家に帰る)

で、部屋を出る段になって今日のおねだり。

我这几天没上班。都没銭。你给我留点。你不没有銭了吗
(仕事休んでいるのでお金がないの、ちょっと貸して。無いわけじゃないでしょ)

おぉっ二重否定だ。
俺は妙なところに食いついた。

「不没有」

にアンダーラインを引いて、

「=有」

と書いて得意げに相手の顔を見る。

そういう話してんじゃないのよ、という目で逆に睨み返された。

我不有多銭
饭店不可以取吗、取卡
不可以

カードでキャッシング、的な提案をしてるんだろうが、それをやってしまうとキリがない。俺のカードはキャッシングができないカードなんだ、と言いながら、財布の中身を見る。500元くらいあるので、300を渡し、残り200は使うから、と言う。

飛行場までタクシーで行って、昼食を食べるのだ。喋りながら紙に

到机场、吃饭、我要銭

と殴り書きする。次に

不可信用卡

と書いてタクシー代と昼食の部分まで矢印を引っ張る。
で、再度カラの財布を見せる。

考えてみたら毎回財布をカラにしている。


スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

00 : 45 : 26 | 体験談: 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(51) タクシー | ホーム | (49) 会話がはずむ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/59-5230b8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。