スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(52) 喫茶店
2006 / 11 / 25 ( Sat )
52

タクシーのほか、飲食店での会話もかなりパターン化している。

北京首都空港の建物内に入り、エスカレーターで上の階に上るとそこにはレストランやコーヒーショップが並んでいる。入り口に呼び込みの女の子がいるので、
我要吃饭。可以吗?」

言葉が通じているのかジェスチャーで理解したのかわからないけれども、無事に要件は通じ、案内されてメニューを貰う。もし持ってこなければ「给我菜单」って言えば良い。菜单 càidān(ツァイダン)というのはメニューのことだ。

注文は大体メニューを指差して言う。「这个 zhège(ツェガ)」というのは「これ」という意味だが、ツェガとかツェゲとかいいながらメニューを指差すと、一応それでも中国語での注文なのだ。

まぁ啤酒 píjiǔ(ピージオ)くらいは喋っても良いかもしれない。でも、銘柄が発音できるのは一つだけなので、俺はいつも「青島啤酒(チンタオピージオ)」になってしまう。ハイネケンやアサヒの方が美味しいと思うけど、中国語で言いたいだけのために青島啤酒なのだ。

で、食べ終えたら「小姐(シャオチエ)」と呼んで「买单 mǎi dān(マイダン)」これでお勘定、ということになる。北京のほとんどのレストランは席で会計をするので、ほとんどがこのパターンだ。

マイダン、の発音は簡単なのでまず通じないことはないが、レストランが騒がしかったり、小姐が離れたところにいる場合には、ジェスチャーを使う。右手の人差し指で左手に何か書くような仕草をすると「お勘定」の意味だ。日本じゃこんなジェスチャーしないからこれも中国語の一種だ。

で、会計伝票を持って来たら、金を支払いつつ「给我发票」(ゲイウォーファーピィャオ)。これでレシートを貰って終了。

とにかく徹底的にワンパターンなのだ。
注文のところがややインチキ臭いけど、日本語や英語を使わないことと、ちょっとでも中国語を喋り続けるというのが、結構重要だったりする。




スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

00 : 35 : 22 | 体験談: 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(53) コミュニティ | ホーム | (51) タクシー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/61-aafd5fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。