スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(67) 再見北京
2006 / 12 / 12 ( Tue )
67

翌朝はオフィスで仕事。支社の中国人との打ち合わせだ。昨日Mが相当処理をしてくれたお陰で残りはスムースに進み、正午にはほぼカタがついた。

そんな折に上司Hから電話。Hは上海で別の立ち上げにあたっていたのだ。話が長引いたので来てくれないかとのこと。Hも忙しい身なので、出張予定を延ばして滞在することができないのだ。リリーフピッチャーは引っ張りだこである。しかし、俺はこれから日本に戻る予定だ。そこから上海にといったら到底間に合わない。

目の前のメンバーが何を話してるんだと聞いて来る。事情を話すと、じゃぁ直ぐに上海に行った方が良いだろ、との話。いやだって、これから日本に戻る便を予約してるので、今回の上海の話には入れませんよと言うと。国内便で直接上海に行ったら良いじゃないか。えーまじっすかぁ。心配しなくても手続きは全部やってやる。任せとけ。

ということで、臨機応変が得意な、というか臨機応変に予定を変えるのが多分大好きな中国人に翻弄されて、そのまま国内線で上海に行くことになった。

オフィスの下からタクシーを拾う。「北京机场 」と告げて空港へ。途中でいつも待ち合わせたホテルの前を通った。残念ながら、彼女ともう会う機会はないかもしれない。

空港が見えてくると運転手が何事か尋ねる。「国际 」という言葉が耳に入る。国際線か国内線かどちらだ、と聞いているのだ。あれ、国内線って何て言うんだっけか。そんなもの乗るつもりなかったので調べていなかった。咄嗟に、

「到上海」(ダオシャンハイ)

と言う。

「到上海~! ダオシャンハ~イ!」

運転手がと可笑しそうに繰り返す。意味は通じたようだ。
何か変な言い方だったようだが、ウケてるからまぁいいや。

そしてタクシーがいつもと少し違う場所に止まる。
こうして俺は北京の地を離れ、一路上海に向かったのだった。

67-2

(おわり)


スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

01 : 45 : 54 | 体験談: 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今後の展開 | ホーム | (66) 最後の電話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami.blog74.fc2.com/tb.php/78-f6ff4007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。